体験から語る転職エージェントの利点と欠点

転職エージェントを利用する最大の利点は、会社とのやり取りを全てエージェントを介して行えるという点だと思います。

また、複数社エントリーしていると、選考の進捗や、提出資料の管理なども大変ですが、その点もまとめて行って貰えたことは非常に楽でした。

後、やはりノウハウの蓄積があるので、この会社は面接でどういう質問が来るからこう答えた方がいい、と言ったような質問集をもらえたり面談の練習をしてもらえたりするのは、1人では出来ないことなので、エージェントならではのメリットだと思います。

関連人気記事
【転職・失敗体験談】20代、30代後悔の理由をホンネで語るブログ

一方で、デメリットとしては、やはりエージェントの方も仕事であるし、良い会社に入れたという実績が大切だということは分かるのですが、自分がどういう分野の会社に転職したいか確固たる意思を持っていないと、有名な会社や大手の会社へどんどんエントリーさせられてしまうことがあると感じました。

実際の体験談として、超一流コンサルタント会社は徹底的にエントリーし、自分自身の意思が弱かったせいか書類でもあまり通過できませんでした。

また、面接でどのように答えたら良いか教えてくれるのは大変ありがたいのですが、自分自身の考えをベストな回答にこじつけるように解釈されてしまい「こう思ってらっしゃるんですよね?」と有無を言わせない感じでした。

私の思考の伝え方が拙かったせいでも勿論ありますが、流されやすい人は違和感を覚えるかもしれません。また、体験のなかでの最大のデメリットは、内定を頂いた後、よくよく考えるとやはり転職したくない気がする…と自分の中で考え、内定辞退の旨を伝えた際に、「どういうことてすか?」と怒られた?ことです。

内定が出づらい優良企業だったということもあり勿体ない、とのことだったのですが、私自身も勿体ないことは重々承知で、考えに考えた結果辞退と決めたということを全否定されたような感じがしてしまい、それまでお世話になったエージェントさんに対してとても不信感を覚えてしまいました。

最終的には再度考えをお伝えし、内定辞退の手続きも行って頂いたので有り難かったので、最後だけあまり良い思いをしなかったのが残念です。総合すると、転職エージェントの利用はメリットの方が大きいと思いますが、そもそも転職に迷っていたり、行きたい会社の分野が曖昧であったり、自分の考えを伝えるのが苦手な方は、あまり流されないように気を付けることをおすすめしたいです。

心が折れそうなときは迷わず転職を考えましょう。
メンタルが病んでしまうと転職どころか、働くことすらできなくなってしまいますよ!
人気記事:【転職エージェント】ランキングは無価値|活用術とおすすめエージェント一覧
TOP
TOP